女性ホルモンを増やす方法を実践!摂取して魅力アップ

笑顔の女性

加齢で減少します

二人の女性

食事と生活改善から

女性ホルモンを増やす方法には、いくつかありますが取り組みやすいのが食事の改善と生活習慣の改善です。食事では、大豆製品の積極的な摂取がおすすめです。豆乳、豆腐、味噌などの大豆製品には、女性ホルモンに構造がよくにた物質が豊富に含まれています。日常的に大豆製品を摂ることで、女性ホルモンの分泌が増えなくても身体は女性ホルモンが増えたような状態になるのです。女性ホルモンは加齢とともに減少し、更年期障害が起こったり、肌や髪にツヤがなくなったり、免疫力が低下したりと、数々の弊害が起こります。大豆製品の摂取は、これらの弊害の緩和的効果があります。女性ホルモンを増やす方法として、質の良い睡眠も重要です。ホルモンは睡眠中に分泌されるため、眠りは非常に大切です。

身体を冷やさない

女性ホルモンを増やす方法として、身体を冷やさないことも重要です。冷えは、身体の血液やリンパ液の循環を妨げ、自己免疫力を著しく低下させてしまいます。免疫力の低下は、感染症のリスクが高まり、ホルモン分泌も低下しますので注意が必要です。スパイスなどで身体を温める食事やお風呂にゆっくりつかるなど、身体を芯から温めるとよいです。ひどい更年期障害などで、女性ホルモンが必要な場合には、女性ホルモンを増やす方法としてホルモン療法が行われます。女性ホルモンを投与し、症状の改善をはかるものですが、身体には負担がかかります。できれば、サプリメントや健康食品の摂取など、身体にやさしい方法で改善を行ってみるのがおすすめです。